2010年07月07日

日本の埋葬の歴史と現代の様式

ネアンデルタール人とほぼ同時期に既にアフリカと西南アジアではホモ=サピエンスが出現しており、彼らも埋葬の活動を行なっていたことは明らかに、最も古いネアンデルタール人近くの時代なジェベル=カフゼー人に埋葬が見えますが、こののホモ=サピエンスは絶対年代が明確でないことや、石器などの文化遺産との人骨が発見されていない場合も多く、確実なことはわかっていない。 日本では石器時代に北海道美利河1遺跡湯の里遺跡の土抗などの墓の可能性のある遺構がいくつかの事例を発見されている。続く縄文時代の埋葬行為が確認されている。村でや貝塚などの墓域が用意され、死者は土坑墓や土器棺墓、石棺墓などの土葬に埋められるのが一般的であり、火葬して、再葬をしている例も確認されている。遺体の手足を折り曲げる屈葬と広大した伸展葬の2形態があり、この時代では屈葬が主流だった。また、家の内外に示されている深鉢形土器を埋納する特別の機関である埋甕は、幼児の墓(または胞衣壺)の可能性も考えることができます。 弥生時代に入ると、北九州を中心に甕棺と呼ばれる大きな甕に埋葬する方法を確認することができ、また再葬墓と呼ばれる一度、死者を地下に埋葬し、白骨化した後、骨壺に収めることが確認されている。古墳時代には、権力者は、古墳と呼ばれる大規模な墓地に埋葬されているが、庶民の埋葬はないのか。 奈良時代になると、仏教の影響で火葬墓が増加するが、庶民は絵巻物などの記述では、川や道端に捨てられたとみられる。 古代から中世にかけては、穢れの思想が強い貴族の墓地の管理を疎かにしている。近世と、庶民も墓を用意して、先祖の供養をする。現在、ほとんどの死者は火葬されて墓地に安置されている。都市のロッカー式の墓地などに出現している。 欧米の葬式の歴史 欧米諸国では今も火葬より埋葬が重要である。死者はエンバーミングを施されて体を洗われて服を着せられ、棺を入れる。以来、参列者の前で墓地に掘られた穴に棺ごと埋められる。キリスト教の国では、棺は東西方向に埋められ、この時の頭は、西に向かって埋められる。
posted by shiduka15488 at 15:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。