2010年06月30日

本人の希望で火葬が増えている

この問題が顕著に露出される事件が中国で発生した。主に漢民族の居住地域は、韓国と同様、儒教の影響で、高い人口密度のために土葬用地の不足が深刻な社会問題が中国共産党の強権政策に土葬が徹底的に禁止され、火葬が義務化された。そして、果たして本当に火葬をしたかどうか、遺骨の有無について検査するという徹底がなされている。しかし、中国の社会は"上に政策あれば下に対策あり"国の特質である。富裕層を中心に、土葬に拘る人が多い。このため、中国マフィアが暗躍して人々を誘拐して殺害した後、火葬、遺体に提供するビジネスが横行する事件が起きた。主に広東省東部地域では福建省の間の所得格差の深刻な地域に伝えられる犠牲者の数だけでも400人余りにのぼるという政府の発表がある、実数は不明の有様である。 皇室の火葬明治以来、天皇皇族の埋葬方法は、基本的に土葬である。しかし、仏教の影響で、平安時代前期から近世にかけてむしろ天皇皇族の埋葬方法は、火葬が主流だった。土葬の上、陵(墓)を形成し埋葬の古代様式に復されたのは明治以降である。土葬は、神道の風習であり、仏式埋葬方法である火葬や納骨堂を廃棄することは神仏分離、国家神道などの政策の影響が大いにある。今でも、天皇皇族の埋葬方法は、基本的に土葬ですが、皇后を除いて、皇族は、本人の希望で、最近火葬している場合が増えている。
posted by shiduka15488 at 15:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。