2010年06月29日

葬儀の歴史と日本の慣習

葬儀(そうぎ)、葬式(そうしき)は、人々の死を哀悼するために開催される祭儀、葬儀制度の一部である。葬儀の様式にそれをする人々の死生観、宗教観が深くていると呼ばれ、宗教の違いがそのまま葬式の様式の違いになる。また、葬儀は故人のと同様、残されたことであるという意味にも強くならない。残された人々が人の死をどのように心に受け入れられて位置づけられて処理するか、そのために援助がされている儀式が葬儀です。そのような意味での葬儀は、宗教が文明の発生前の旧石器時代から行われています宗教的な行為とすることができます。しかし、日本の葬儀で連想される仏教の関係は、日本(アイヌと琉球を除く)独特のものであり、他の仏教国で僧侶が葬礼に直接関与しない。中世前期に律僧と時衆が庶民の仏教典礼として促進することから始まります、定着を見た寺請制度のこと、江戸時代から知られています。 現在発見されている歴史上初めての葬儀跡ということ、イラク北部のシャニダール洞窟で発見されている。この洞窟の中には約6万年前と推定されるネアンデルタール人の骨が発見されており、その周辺には、この洞窟で発見することができないの花粉が発見されたと報告された。この仕事の死者を実施するために花を死体の周りに添えて解釈している。 葬儀の様式 日本の葬式の風習 出棺前の別れの時、棺おけに花と手紙を一緒に添えられる。通夜は古代の殯(もがり)に発している。告別式の前夜祭の形態をとる。誰かが寝ずの番をして(交代することができる)、夜明けまで灯明や線香の火を失わないようにしなければならない(魔除けの意味がある)。最近では、消防署などに応じて、式場で、夜間の火は焚かように指導が入ることもあり、市内の式場では夜通しではなく、半通夜と呼ばれる形の夜は遺族が帰ってしまう場合もある。 火葬場に向かう道と帰り道は同じ道を通らない。一本道が難しい場合でも、可能な限り同じ道を通過しないように努めなければならない。埋葬した死霊の来ない様々なためである。逆に、同じ道を通過しなければならない風習がある。 葬式が終わった後、"振り塩"という清めの塩を撒く(ただし、これは神道由来の慣習であり、死を穢れと考えられていない仏教の教義に反すると考える意見もあり、元来これをしていなかった浄土真宗を中心に、最近では行われない場合もある)。 遺体を安置している場合には、死体の胸に魔除けとして刃物を置く。これを守り刀とも呼ぶ由来は武士の社会の中で刀を使って魔を斬るなどの意味や魔物の使用に持っていた猫が光り物を嫌がるので、刀を置くことが魔よけが持ってきた。遺体を安置すると、そこに供え物として枕飯、枕団子を上げる。枕団子は米粉(上新粉)などを巻いて作ったものは地域によって差があり、六地蔵、六道から六個説、13仏などからとった13個説している。なくなった日から1つずつ増やして四十九日までにお供えし、49個を飾る地域もある。枕飯はご飯を御茶碗に山盛りして、箸を刺して装飾する。 一般に告別式は友引の日を避けるため、これは俗に"友達を(死に)引かない"よう配慮からだとされている。しかし、元来六曜は、仏教とは関係がない。ギャンブル、勝負事に含まれており、友引は"勝負事で友人と引き分け"という意味で、陰陽道との混淆に由来する。したがって、友引の日告別式をしない風習は迷信と考えられる。火葬場は友引日が定休日になっているところが多いのですが、友引も定休日がないところも増えて来ている。 墓地などの埋葬の場所に送信される野辺送りの意味がある。 三回まわして言って、出棺の前に棺をその場で3回回しか、建物を3回廻ったりもして出棺する風習が一部地域では見ることができます 振り銭・振り餅、葬列に花籠(竹かごで割った竹を少数の本を垂らし、紙の飾りを付けたもの)にお金と餅を入れ落としながら葬列の風習もある。また、ほかでは手に取るの撒く場合は、撒き銭・撒き餅などとも呼ばれている。 また、同じ日本でも、琉球の信仰に基づいて葬式の風習は、かなり特異であり(風葬、洗骨、死亡広告の項も参照)、告別式前に火葬をするのが通常である。また、東北、九州地方でも告別式の前に火葬をしている場合が多い。 助葬(じょそう)は、身寄りのない生活困難者や身元不明の人々が死亡し、生前の縁者や関係者によって永代供養がされず、代わりにして、社会福祉事業や慈善事業団体NPOなどで開催される形の葬儀。ホームレスなど、生活保護などの支援を受けていない死者が、助葬を行う団体や葬儀屋は、火葬から納骨までの費用を、生活保護行政の一つとして、各自治体が定めた定額で支給され共同墓地との共同納骨堂に遺骨を納めるこの段階までを助葬とする。一方、遺骨を納骨堂に預けて引き取り人を待つこともしばしばある。 昔は、1919年(大正8年)11月、東京では、"財団法人助葬会"が設立されている。また、19世紀中頃には、大陸地域では香港、上海の外国に移住している華僑や労働者等の動向、中国社会の互助活動として助葬が行われた。
posted by shiduka15488 at 18:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。