2010年07月09日

日本でも遺骨を顆粒化する装置が登場

海外の火葬場インドの主流の宗教ヒンドゥー教の習慣をベースに火葬をしている場合が多い。インドの火葬場は屋外に設けられており、薪を積み重ねて、その上に遺体を置いて燃やしている様式である(いわゆる"野焼き")。最近では、燃料としての木の伐採が環境破壊につながるとして、深刻な問題となっており、薪が高騰していることもあり、日本の技術を使用した"現代的な"火葬炉も設置されている。しかし、古来の伝統的な野焼きにこだわる人がまだ多く、野焼きが続いている。 ネパール パシュパテイナート火葬場での着火の時ネパールは、インドだけでなく、ヒンドゥー教の主流の国で、首都カトマンズのパシュパティナート(Pashupatinath)と呼ばれるインド亜大陸の4大シヴァ寺院のひとつにすることがネパール最大のヒンズー教の寺院があり、裏には、ガンジス川の支流でもあるパグマティ川が流れており、川沿いの山道は、一日中火葬の煙が絶えない。カトマンズの朝の霧は火葬場の煙といわれるほどである。上流階級であればあるほど、上流側のガートで焼かれている。生まれ変わりを信じるヒンドゥー教徒は墓は作らない。焼かれた灰はほうきとバケツの水パグマティ川にランダムに流されている。また、火葬時に、親類の男性火葬品のそばで毛を剃る習慣がある。川岸で火葬台の隣の人が入浴をして、男の子が遺体で流された供物を盗むのに咎められたりする光景が完全に見ることができます。寺院自体はヒンズー教以外足を踏み入れるが、火葬場がお支払いし、誰でも見学できる。 欧米では、火葬場に遺体を任せて、後の遺骨を受け取るには交流が多い。また、骨上げの習慣はなく、火葬後の骨は顆粒の形態に分割して、さまざまな形の遺骨入れに入れて引き渡すために、日本と比較すると、比較的高温で焼くことが多い。骨壷の形も、顆粒状の骨を入れればよいのための形態別の制限がなく、故人の趣味などに合わせて色々な事ができている。最近では日本でも欧米の遺骨を顆粒の形に分割する装置を備えた火葬場も登場している。
posted by shiduka15488 at 15:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。